≫公式サイトはこちら≪

行き遅れババア 6話 残業中はフ〇ラでサポート ネタバレ

↓行き遅れBBA無料試し読みはこちら↓

会員登録なしで読めます♪

※サイト内で「行き遅れBBA」と検索してね!

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

第6話 行き遅れ女上司は残業中にも特別サポートしてくれた

ネタバレ・感想をアラフォー主婦がご紹介します。

今すぐ無料試し読みでエロ爆乳を確認↓

▼▼▼スーツの中はとろとろ爆乳おっぱい▼▼▼
今すぐ無料試し読み↓↓




行き遅れBBA】で検索

【エロ漫画】行き遅れババア 6話 会社でも抜きまくる ネタバレ

最近、会社の男どもが「行き遅れBBA」を見る目がちがう。

なまめかしい大人の色気。

あふれ出すフェロモン。

隠しきれない爆乳とタイトスカートからのぞく太もも。

エロい。

みんな今頃気づきやがって!

秋子はオレのモノだ。

ある日のオフィス。

大きなプロジェクトをオレは任された。

女上司である「行き遅れババア」が抜擢したのだ。

 

部長に掛け合い、オレを推薦してくれた。

前はこんなことなかったのに。

 

オンナは変わる。

入社して初めての大きな仕事。

 

残業していると悶々としてくる。

たまっているらしい。

そんなときは「行き遅れババア」の出番だ。

ちょうど差し入れのペットボトルを持ってBBAがやってきた。

 

「おつかれさま。あまり根を詰めるとよくないわ。わからないことがあったらサポートするから言ってね」

 

 

オレはその言葉に甘えることにした。

「吉村主任、お願いします」

いきり立つチンポ。

そう、オレはヤリたくてたまらなかったのだ。

「そんな、会社で・・」

と言いながらも絶対断らないことをオレは知っている。

 

秋子はそんな奴だ。

ズボンのチャックをおろし、秋子はデスクの下にもぐる。

 

カプッツ!

チンポをくわえて舐めまわす。

 

先端をていねいに舐め、チンポを喉の奥まで入れてていねいにフェラ。

 

ウッツ!

アッ!

思わず声が出る。

やべえ。

気持ちよすぎる。

秋子のフェラも一流に近づいた。

仕込んだ甲斐がある。

ガチャ!

同僚たちがやってきた。

秋子はデスクにもぐったまま静かに身をひそめる。

 

チンポはくわえたまま

同僚が秋子のことを話題にした。

最近の「行き遅れババア」色気がすごい。

 

「お前はいいな、部下で。」
「今度、飲みに誘ってくれないか?」

 

みんな今頃気づきやがって。

 

机の下の秋子も自分の話題が出て気が気ではない。

みんなが秋子を見る目が変わっても、「行き遅れババア」はオレ一筋だ。

 

今度は秋子とバックでセックス。

後ろからズンズン突きまくる。

オフィスでのセックスは燃える。

オレは三度の飯でも食うかの如く秋子のカラダを今日もまさぐる。

↓行き遅れBBA無料試し読みはこちら↓

会員登録なしで読めます♪

※サイト内で「行き遅れBBA」と検索してね!

今すぐ無料試し読みでエロ爆乳を確認↓

▼▼▼スーツの中はとろとろ爆乳おっぱい▼▼▼
今すぐ無料試し読み↓↓




行き遅れBBA】で検索

【エロ漫画】行き遅れババア 6話 会社でも抜きまくる 感想

やっぱりエロいわ。

行き遅れBBA。

顔つきも変わってきたのがわかるし。

なんだか柔らかくなって優しい母性があふれ出てくる感じよ。

そして、34歳のフェロモン。

オトナの色気がプンプンしてるわ。

これなら、若いのから年寄りまで魅了しちゃうわね。

 

行き遅れババアを調教した田中は、自分が一番に気づいたと言わんばかりに独占してるし。

 

 

いつものごとく、秋子に平気で頼むし。

調子に乗ってるわね。

会社であんなことされたら、誰か来たらドキドキよ。

まあ、誰か来たけどね。

あの状態からよく同僚と会話したわよ。

そのあと、セックスしてるから大したものね、田中も。

秋子は相変わらず田中の言うこと聞いて。

会社ではピシッとしないと!

今回はオフィスセックスだったので「行き遅れBBA」の全裸シーンはなかったのがさみしいわ。

やっぱりあの爆乳を前から後ろからじっくり見たい。

でも色気がすごいのはよーくわかったわ。

↓行き遅れBBA無料試し読みはこちら↓

会員登録なしで読めます♪

※サイト内で「行き遅れBBA」と検索してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です