≫公式サイトはこちら≪

行き遅れBBA(行き遅れババア)のあらすじ予想をアラフォー主婦がたててみた

 

人気作家・チンジャオ娘先生とすぺしゃるじー先生がタッグを組んだエロマンガ最新作。

 

『【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた』(会社の行き遅れババアはらませた)

ファンの皆さんお待たせ~

 

 

その前に、あらすじ予想を立ててみたわよ。

 

 

管理人・アラフォー主婦の美奈代が語るわ。

 

行き遅れBBA(行き遅れババア)のあらすじ予想と物語展開予想

行き遅れBBAの沢村秋子は34歳、独身。

 

 

就職してからずっとこの会社で働いている。

 

 

今まで出会いが無くもなかったが、いつの間にか会社ではお局様だ。

 

 

 

影で後輩たちから「行き遅れBBA」と言われているのは気づいてはいるが、知らないふりをしている。

 

 

 

仕事は出来て、社内では同期の中で一番早く主任に昇格しているバリバリのキャリアウーマン。

 

 

 

人を寄せ付けないオーラがあり、後輩社員の田中はいつも一歩引いて接している。

 

 

 

それぐらい、「行き遅れBBA」には圧を感じているのだった。

 

 

 

そんな「行き遅れババア」だがスタイルは抜群。

 

 

白い肌に爆乳、悩まし気な腰、ムッチリ桃尻、フェロモン全開の胸元のほくろ。

 

 

 

どこをとってもBBAではない。

 

 

・・が、会社では34歳はババア扱いだ。

 

 

ある日、会社の飲み会で久しぶりに酔った行き遅ればばあ・秋子だったが、後輩社員・田中はじっと明子の様子を見ていた。

 

 

 

普段はバシッと決めたスーツで一寸のスキを与えない秋子。

 

 

・・が、今日はちがった。

 

ほろ酔い気分で、スーツの下にきたブラウスからすける爆乳

 

 

いつもと違う上司の姿を見てつい意識してしまう。

 

 

そして、秋子も酔いにまかせ、後輩・田中の誘いに一夜を共にするのだった。

 

 

そんな関係が1か月続いている。

 

 

 

会社終わりにわざと時間をずらし退社。

 

 

行きつけのラブホに直行。

 

 

田中は秋子のカラダに夢中だ。

 

 

はち切れんばかりの爆乳にパイズリしてもらったら一発で果てた。

 

 

秋子の方も、久々のセ〇クスに快楽がやみつきになっている。

 

 

 

なまめかしい身体はエロ全開。

 

 

34歳をババアとかいうなんて絶対そんなことなはい。

 

 

オンナが一番乗りに乗ってる歳だ。

 

 

そんな中、田中が病気で会社を休む。

 

 

行き遅れババアの秋子はかいがいしく田中のアパートへ。

 

 

恋人、妻のように振舞う秋子。

 

ちょっとだけそんな妄想を夢みていた。

 

 

 

可愛いところもある。

 

看病はそうそうに、まだ病気なのにセ〇クスをする二人。

 

 

 

その元気はあるようだ。

 

若いからか・・

 

上半身はスーツ、下半身だけ脱いで田中の上にまたがる秋子。

 

 

秋子主導でエッチは進んでいく。

 

 

田中の好きなフ〇ラをして田中は元気になった。

 

 

会社では相変わらず秘密の二人だが、爆乳明子のカラダは放したくない。

 

 

かといって、会社の同僚に二人のことが知られるのはイヤだ。

 

 

虫のいい奴なのだ。

 

 

 

一方、秋子は田中のカラダに夢中だ。

 

 

 

段々と開放的になり、会社でも一目をしのんでエッチしたりエスカレートしていく。

 

 

 

これからこの二人の展開は?

エロマンガの真骨頂!お楽しみに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です